前へ
次へ

肌荒れの原因は髪の毛であることも

洗顔も毎日しているのに顔の肌に吹き出物が繰り返すようであれば、何か外的な刺激が加わっていないかを考えることです。
特に忙しくて免疫力が低下をしている時、寝不足やストレスが多い時などは、外部からの些細な刺激にも肌は過剰に反応をします。
生活習慣を改めてストレスも手放すのは前提にはなりますが、外部刺激として髪の毛が原因になることもあるので、髪の毛が顔にかからないようにすることです。
特に女性は長い髪の毛をそのまま垂らしていることがありますが、顔の皮膚に毛先などが触れることで、肌にとっては刺激になることがあります。
免疫力を向上させる努力をしながら、お肌が落ち着くまでの間は、髪の毛が顔に直接触れないように、髪の毛は束ねておく方が無難です。
健康な肌状態と体調の良い時なら、髪の毛が触れるくらいは平気であっても、コンデョションがイマイチの時には、髪の毛の刺激でさえもダメージになります。
皮膚は思っている以上にデリケートですから、まずは髪の毛を束ねることです。

Page Top